blog index

Iris(イリス)ショップブログ

パーソナルカラーショップIris(イリス)の店長ブログです。取扱商品の使い方やお勧めの商品のご案内を致します。
ヘナ
 ヘナは、古来よりインド、エジプト、モロッコなどで髪染め、ボディペイント、マニキュアなどに使われてきた植物です。

   ヘナ      

上は当店で取り扱っているヘナ。

私は母方の遺伝のせいか、若い時、というよりも記憶にある限りは、小学校の高学年の頃から白髪があり、白髪にはずっと悩まされてきました。でも、化学染料で髪を染めるのは痛むし嫌だったので(今ほど染めることが一般的ではありませんでしたし)、大学生の頃に、ヘナというものがあり、植物のみで痛まず自然に染められる、というのを雑誌か何かで知った時には、ものすごく期待したものです。

で、その頃行っていた美容院でヘナがあるかどうか聞いたところ、あるとのことだったのでやってもらったのですが、その匂いがどうも好きになれず、また髪の毛がバリバリになったので、その1回だけでその時はやめてしまいました。今にして思えば、おそらく美容院もまだほとんど経験もなく、ヘナ自体もあまり品質の良いものではなかったのでしょう。

そんな経験をしましたが、やはり白髪の悩みはあるし、どうしようかと考えていたところ、3、4年後にはヘナがかなりポピュラーなものになってきました。美容院にも普通にあるし、品質もよくなってきたようで、数年後にヘナを別の美容院でしてもらった時には、あの気になった匂いもなく(ヘナ自体の匂いはありますが、嫌な匂いではありません)、髪も逆にさらさらになりました。また、その美容院の美容師さんはヘナをするのがすごく上手でした。白髪の部分は根元まできっちりと染めてくれるのです。

しばらく(2年間くらい)美容院でやってもらっていたのですが、何せ結構な金額なので、例えば1ヶ月に1回やりたくても、経済的なことを考えると、3、4ヶ月に1回くらいの割合になってしまっていました。

そんな時に、近所に美容院がオープンするというチラシが入っており、そのチラシを見ると、ヘナが割引価格でできるというので、それだけを目当てにそこに行ってみました。すると、なぜが根元のほうは黒く、それ以外のところは茶色く、というような感じにされてしまい、根元の黒にいたっては、地毛よりも黒くなっていて、本当におかしなことになってしまいました。ヘナを頼んだのになぜこんなことになったのかと、ヘナについて調べてみると(ヘナについての本を見つけて読みました)、美容院で出回ってるヘナの中には、ブラックへナやブラウンへナと言って、ヘナに化学染料を混ぜたものがあるということがわかりました。その新しくオープンする美容院では、私は植物100%だと思ってヘナを頼んだのに、実際には化学染料の入ったヘナをされていたのです。しかもなぜか根元だけ黒くされて・・・。

私が読んだその本の著者は美容師の方で、自然な白髪染め(しかもハーブのトリートメントでもあります)であるヘナにほれ込み、色々研究されて、自宅で出来る、よく染まるヘナのやり方などを書かれており、また品質のよいヘナの選び方や、ナチュラルなヘナ100%のものの入手先などが紹介されていました。ナチュラルへナが安く手に入り、自宅で出来るのなら、美容院でやってもらうよりも格安ですしいつでも好きな時に気軽にできます。すぐにその紹介されていたところに電話してヘナを送ってもらい、自分でヘナ染めを始めました。かれこれ12年くらい前のことです。

それから、ずっと自分でヘナ染めをやってきました。ショップでもヘナを取り扱っていますが、もちろん、イリスで取り扱っているヘナはナチュラルへナです。ヘナ100%以外のものも、混合されているのは植物ハーブのみですので、安心してお使い頂けます(自然のものでも全ての方が大丈夫というわけではありませんので、初めて使用される方はパッチテストをして下さい)。

次のエントリーでは、自宅でヘナ染めをされる際のやり方や便利グッズをご紹介します。
| shop-iris | お勧め商品 | 22:17 | - | - | pookmark |
手づくり化粧水レシピ
私は基本、なるべく自然のものを化粧品や日々の生活で使うように心がけていますが(合成洗剤は一切使用していません)、アロマセラピーが好きで、化粧水とハンドクリーム、ハンドケアオイルなどは好きな精油(エッセンシャルオイル)を入れて手作りしています。自分の好きな香りを選べますし、簡単に出来るのでお勧めです!

今日は私の使っている化粧水の作り方をご紹介します。

<用意するもの>
・精製水…50ml
→私はへちま水ファファラのフローラルウォーターを使っています(個人的にはネロリが大好き)。

・ベースオイル…小さじ1
→ホホバ、オリーブ、マカデミアナッツオイルなど。私はファファラのホホバオイルを使っています。

・精油(エッセンシャルオイル)…3滴
→ラベンダーやゼラニウム、クラリセージなら2〜3滴、カモマイル、ネロリ、ローズなどは1滴で十分。私はやや乾燥気味の肌なので、大好きなネロリとフランキンセンスを1滴ずつ入れています。エッセンシャルオイルはファファラのものを使用しています。

・スプレー容器(60ml程度)、ビーカー、小さじ、ラベル

<作り方>
1.スプレー容器に精製水(もしくはへちま水やフローラルウォーター)を入れ、ベースオイルを加える。

2.精油を加え、日付を書いたラベルを貼って出来上がり。

これだけです。とっても簡単なので、ぜひお好きな精油で試してみて下さい。ベースオイルの量を変えることによって(ベースオイルは精油を薄めるために必ず入れて下さい)、さっぱりにもしっとりにも調節できますので、肌質や季節、肌の調子やお好みに合わせてブレンドしてみましょう。
※精油とベースオイルは水面に浮くので、使う前にはよく振って下さい。また防腐剤は無添加ですので、冷暗所に保管し、なるべく早めに使い切りましょう。

以上が簡単手作り化粧水のレシピですが、精油も種類によっては高価なものですし(ローズ、ジャスミン、ネロリなど)、容器やビーカーなども必要になりますので、同じように精油を使用したナチュラルコスメの化粧水もご紹介しておきます。

ドイツのナチュラルコスメ、ロゴナ
ワイルドローズ・ハーバルトナー(乾燥肌・敏感肌向け)
ミント・ハーバルトナー(普通肌・混合肌・オイリー肌向け)
エイジプロテクション・フェイシャルトナー(年齢肌向け)

スイスのナチュラルコスメ、ファファラ
ベーシック トニック(ノーマル肌・コンビネーション肌向け)…ローズ水とローズマリー水がベースです。
ローズ・アイリス トニック(敏感肌向け)…ローズ水がベース。
ホホバ・ネロリ トニック(乾燥肌向け)…ネロリ水がベース。
アロエ・シア トニック(年齢肌向け)…アロエエキスとハマメリス水がベース。

天然ねんどのスキンケア ボディクレイ
ねんどのローション
| shop-iris | 商品の使い方 | 04:36 | - | - | pookmark |
ショップブログ開始
このブログは、パーソナルカラーショップIris(イリス)のショップブログです。

お勧め商品や商品の使い方など、なるべく役に立つ情報を提供していきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

| shop-iris | お知らせ | 02:43 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

bolg index このページの先頭へ